<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

損得

 昨日は「損得」について書いたが、何故日本人に「善悪」の判断が浸透していないのだろうか。ここで書くのはあくまでわたくし個人の見解なので、そのつもりでいてほしい。
 日本では一部の人々を省いて大半の人々は「宗教」というものが生活や価値観にとけ込んでいない。反対に欧米、アジア、中東などでは宗教観と言うものが日常生活に強く根付いていると聞く。様々な情報を見聞きしている限り、彼らの判断基準は「善悪」なのだ。そこで一つの可能性が見えて来る。大変乱暴な考え方だが日本人の物事に対する判断基準が「損得」になってしまっているのは「宗教」という習慣が無いのが原因の一つではないだろうか。悪い言い方だがある意味「洗脳」とも言える日常に根ざした宗教観は「善悪」の価値観の教育には非常に有効に機能しやすいと思われる。「善行」の教えが毎日の生活の中で当たり前の様に存在しているのだ。「家族に対する労り」、「他者に対する労り」の価値観、考えが日常生活の中にある為、ボランティアの活動も理解されやすいし、モラルを持った行動も理解されやすい。ましてや判断基準が「善悪」なのは当たり前である。
 よく日本の起業家、経営者が海外に出た際、経営に対する考え方でよく責められやすいのは「社会に対する還元」の考え方が欠けている、という部分らしい。ここで日本人が責められている価値観もやはり「日常」の中で「善行」を行なうのが「当然」という価値観の中で生活していない為だろう。そして、その反対の「責めている側」の彼らには、やはり日常に「当たり前」の様にとけ込んだ宗教観から来る「善行」の考え方が大きく影響を及ぼしているのかもしれない。
 では、日本はどの様にして「善悪」の価値観を浸透させて行けば良いのだろうか。明治時代、既に「日本には宗教観がない」と指摘されていた。しかし、宗教観の代わりに「武士道」という価値観が日本にはある、とも言われていた。この二つの考え方は同じではないが、道徳観ではある意味近いものが機能していた。しかし、これも当時の日常生活にとけ込んでいたからこそ「機能」していたのだ。現代では「学校教育」だろうか。いや、そうではない。やはり「家庭」の中で行なわれなければ「浸透」させるのは難しいだろう。しかし、家庭の中でこれを教えるのは「親」である。「武士道」でさえ忘れてしまっている現代の親世代に「頭でしか分かっていない」かもしれない事を「他者」に伝える事は出来るだろうか。私達はもっと真剣に「改善方法」を考えるべきだ。
[PR]
by plusdotk | 2005-02-16 14:27 | 社会

モラル

 昨年から始めた、この仕事もそろそろ5ヶ月になろうとしている。その数ヶ月の間に世界で起こった出来事は数えきれない...あなたも既にご存知だろうが、先日小学校で、またしても包丁による殺傷事件が起こった。原因は「小学校時代にイジメに遭っているのに担任が助けてくれなかった...」と言う事らしい。特にこの事について書きたかったわけではないのだが、どうもここ数年世の中に対して鬱々としたモノを感じて仕方ない。明らかなのは人々の感情に歯止めがかかっていないのだ。今日、親しくして頂いているRYU建築設計事務所のブログを読んだのだが、人々の判断基準が「善悪」では無く「損得」で判断されているのでは無いか、と言う話題の書かれた紙面を読まれたらしい。確かに言われてみれば、現在巷で起こっている現象は「損得」と言う基準で考えると先日起こった事件も乱暴な解釈だがある意味合点がいく。「イジメ」と言う出来事が事実なら「彼」にとっては損得で考えると「損」な出来事に他ならない。だからこそ彼は「損した分」を何らかの形で「変換」したかったのではないか...それが、あの事件に繋がって行くのだろうか...確かに人間は感情と言う「主観」を持ち合わせているからこそ「感性豊か」な生き様を持ちあせている反面、あらぬ方向に大きく逸脱した感情は時には恐ろしい行動呼び起こすのかもしれない。
 人は柔軟だからこそ、今までに様々な文化、発明、社会を形成して来た。しかし、可能性の大きさと柔軟さ故に常に多面的な部分を持ち合わせている。それには当然「影」の部分も含まれているのだろう。モラルハザード、コンプライアンス...様々な横文字を使って人々の考えを元ある場所へという動きが始まってはいるが、まずはこの現状が一体何処から来ているのか、しっかりと考えた方が良いのだろう。当然、ここ最近大手企業や某放送局で起こっている出来事は、子供でも「損得」で考えていることが分かるだろう。
 「経世済民」、何とか多くの人々に富の分配を潤滑にする為に生まれた、この発明は今や「損得」だけで物事を判断する人々を多く創り出してしまったのかもしれない。
 乱暴な言い方かもしれないが、世界の成長した経済の大部分は多くの人々の「愛情」を根幹にして来た。自身が育った故郷、友人や知人果ては社会的な弱者に対する「やさしさ」、「思いやり」が成長の要因だったわけだ(一部では違う側面もあったが)。もちろん戦後復興時の日本も「お互いに生活を向上させよう」と言う号令のもと、一気にここまで成長出来た。現在「損得」が基準になっている様な、これら「愛情」や「やさしさ」、「思いやり」が不在の世の中で、本当に経済もモラルも「回復」する事は出来るのだろうか非常に疑問だ。特に子供達は一体何を目標に生きて行けと言うのか。
[PR]
by plusdotk | 2005-02-15 18:20 | 社会

今日から...

 いつもご来店頂き誠にありがとう御座います!!今日から「茶室 どっと ケイ」も「Blog」にした。気軽に変更が出来、今までの内容が全て簡単に閲覧出来るのは非常に分かりやすい。これで、わたくしも多少は書く様になるだろうか(笑)??
 あっと言う間に2月である。ここ数日の寒波は非常に厳しく、これを見ている貴方も苦労されているのではないだろうか。幸いにも京都は底冷えはさらに増して酷いが雪害は市内に関しては今日の時点で、ほとんど無い様子。わたくしの部屋を暖めてくれているストーブの灯油もここ数日で買い足しに行かなければならなかった。いつもの期間の半分ぐらいしか持たなかったのではないだろうか。冬が寒いのは当たり前だが暖かいの寒いの、と極端な気候の変化は勘弁してほしいものだ。
c0050943_14184032.jpg

[PR]
by plusdotk | 2005-02-03 21:21 | 日記