きっかけ

 わたしは今まで生活費を稼ぐ時、必ずどこかの組織に属していました。この度生まれて初めて全て一人でこなしています。連絡から、見積もり、請求書の制作、商品のパッキング、銀行振込の確認。果ては商品の発送手続きまで...大変ですが充実しています。正直、収入に不安が大変多く残っていますが...(鬱が入りそうなので今は忘れましょう。)
 Appleを創業したのは、今や多くの人々が知る(貴方も知ってます?)スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックでした。わたくしが初めてAppleのカタログを手にした当時、初めの見開きに「I am Apple」と書かれたコピーと若き日の二人の笑顔の写真が載っていました(ちなみにカタログに載っていた機種はApple 2cと初代Mac、そして「二人のスティーブ」と紹介されている当時の彼ら)。
 恥ずかしながら、このカタログでの出会いがわたくしの起業願望の最初でした。「え!家のガレージから会社を作った??」そう、当時12歳のわたくしには、それは信じられない事だったのです。ちなみに当時のAppleの広告は雑誌の最も後ろの、さらにモノクロ広告でページの縦1/5にも満たない小さな広告でした。でもそこに乗っていたApple 2cはわたくしにとって非常にクールで素敵で「これがあれば何でも出来る」様に見えたのです(念のため説明させて下さい。Apple 2cはMacではありません。お間違えのない様に)。次の日には代理店のゼロワンショップにカタログを請求していました。「家のガレージからこんな凄い事が出来るなんて...」その時に今のわたしが決まっていたのかもしれません。それから10数年経ってAppleが傾いている時にスティーブ・ウォズニアックが言っていました。「Appleを始める時に迷っていたらジョブズがこう言ったんだ、会社を興して、たとえ失敗しても人生の中で一度でも自分で会社を興したという経験と自信は何物にも代えられないじゃないか!そう言われてAppleを作ったんだ。」わたしはノックアウトされましたね...この一言で。+.kはAppleになれるかは分かりません(そりゃ無茶や...)...でも、今、目の前に自分を必要としてくれる人たちがいるなら出来うる限りの事をする。そんな事しか出来ないのがわたしであり、+.kなんですね。(念のためですが、自己賞賛ではないですよ[笑])
P.S. わたくしは人間としてはこちらに好感を持つんですよね。正直なところ...
c0050943_1381719.jpg

[PR]
by plusdotk | 2004-10-20 13:08 | 起業
<< ランドスケープ ノンストップ!! >>