今までの事は一体なんだったのか?

 思わずそう言いたくなる...Sonyが今まで販売したCCCD(コピーコントロールCD)の販売を中止し、CDで再出荷するそうだ。他のレコード会社がどの様な対応に出るのかはまだ知らないが、もしSonyと同じ様な対応をするのなら、今までいた仕方なくCCCDを買っていたユーザに対してCDへの無償交換、もしくは格安の手数料のみの有償交換などのサービスを準備して貰えないだろうか?(もちろん、Sonyにも検討して頂きたい)
 今回の一件で一番被害を被ったのは真面目で誠実なユーザではないだろうか?実はわたくしの購入したCDの中にもCCCDが数枚ある。当時は購入を躊躇したが、どうしても聴きたくて購入したアルバムばかりだ。今回の対応は今後のユーザに対しては非常に良い対応だが往年のユーザに対しては「人柱」にしたとしか思えない部分がどうしても見え隠れする。
 ここは一つ、誠実な対応をして頂ければ、今後のメーカー各社に対するユーザーからの見方が相当変わると思われるのだが如何だろうか??
[PR]
by plusdotk | 2005-08-02 18:14 | 音楽
<< 明日は原爆投下から60年 昨日は... >>