Follow Me

私と一緒に来て下さい

輝く海を越えてあの国へ

私たちが見知った世界を遥かにこえたところで

夢の世界より遥か彼方で

これまでに味わったどんな喜びより遥か彼方で待っているのです

私と一緒に来て下さい

愛するものにしか見えないこの道を

楽しい夜の年月の彼方に

涙を、そして私たちが無駄にした年月を超えて

光の中へと続いている道です

私と一緒に来て下さい

この山の奥の彼方の国へ

いつも心に抱いていた音楽の全てが空を満たしています

沈黙の歪みの中で歌えば心は解放されます

そうしている間にも世界は回り続け

そして落ちて行きます

注 : 映画「イノセンス」劇中使用対訳抜粋

「Follow Me」
Music by J.Rodrigo
Lyrics by H.Kretzmer/H.Shaper
Ediciones Joaquin Rodrigo. Madrid
編曲 川井憲次
歌  伊藤君子

 「ことば」が人間の体を創ったんだ...人間の体って結論から言うと「ことば」だよ...押井守監督のインタビューでの「ことば」である。

「ことば」とは日頃「想い」を伝える為に使ってはいないだろうか。当然、ツール、通信手段、コミュニケーション手段として使用している事が多いだろう...しかし、時を超えて記憶にとどめられる「ことば」とは「言霊」としてのことばである。わたくしも仕事上、ことばを創り出す機会が多い、その度に気が付くのは、本当の意味で「人の心を掴んで離さないことば」にするには「想い」が必要だということである。そして、その想いは人間を形創る...あらゆる意味で...

良い世界を創るには「ことば」が必要である。

良い人間関係には「ことば」が必要である。

しかし、「話す」こと、「音」に発することだけが「ことば」ではない。

「ことば」は視覚として見ることも出来る。

では「ことば」とはただ単なる視覚上の形態も伴った「言語」を指しているのだろうか??


P.S.
「ことば」のマスマーケットであるメディアをめぐって現在、新世代とかつての時代の経営者がクローズアップされている...「ことば」をめぐる人々の交わりはこれからも連綿と続いて行くだろう...忘れてはならないのは、一体何が何の為にそこに在るのか...それを忘れてはいけない...
[PR]
by plusdotk | 2005-03-09 03:15 | 社会
<< 最近... ことば >>